蛇が金属を嫌っている理由

蛇の池同級生の話。
彼の住んでいる地方の山には蛇の池と呼ばれる池がある。
大蛇が住んでいるという伝説があって一昔前には目撃者も結構いたそうだ。
池の上には切り出したら材木を運ぶための木工が走っていた。
持っことは編みで編んだ籠のことでこれを滑車で吊るして動かしていたとか。
時折そのカゴから池に落ちる物があった国家とか道具とかその他もろもろそういった落下物は翌朝必ずいけ橋の土手の上に投げ出されていた。ただし、PBアカデミーの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、大きいものも小さいものも区別なく池に落ちたものは水の外へ大体がちょこんと優しく置かれているのだとか金物の類が落ちた場合は別で池から随分と離れた場所に突き刺さっているのだというまるで力任せにぶん投げられたような感じで卵が落ちた場合は真逆で絶対にから一つ山浮いてこないのだとか。
蛇さんは金物が大嫌いで卵が大好き蛇の池のためか彼の地元ではそういう認識が当たり前だったそうだ。