自己修復ロボットの最期

博士の研究所はたちまち返品されてきた防犯ロボットでいっぱいになったそしてそれは捨てようと分解してもすぐに元通りになってしまう大変厄介な代物何だった女子が防犯ロボットの山を前に途方に暮れていると博士が新しいロボットを担いで意気揚々と行ってきた喜びたまえついに完成した何ですかそれはなんでも吸い込んで分解してしまうロボットだこの防犯ロボットの山もですかもちろんだ見たまえ博士がスイッチを入れると新しいロボットは掃除機のように防犯ロボットを吸い込んで分解してしまった。
素晴らしい女子は感嘆の声を上げた分解ロボットは次々に防犯ロボットを吸い込み等々全ての防犯ロボットを分解したさらに分解ロボットは近くにある研究機材までも吸い込み分解し始めた